脂肪吸引でぽっこりお腹を解消しよう

手術後のケア

ウエストを測る女性

どのような手術であっても、行なうことによって体内の細胞が変化を起こします。組織が変化することによって体に様々な影響が現れてきます。
術後のケアによって、仕上がりの状態が大きく変わってきますので、気をつけるようにしましょう。

特に、ベイザーのような切開を行なう手術の場合、組織が大きく変化しますので、気をつけなければならないことが多数あります。

ベイザーを行なった後というのは、その部位の細胞が変化しますので、内出血、腫れ、浮腫といった症状が起こります。
こうした状態を少しでも早めるために、手術した部位を圧迫します。圧迫をする際にはストッキング、ガードルといったものを使用します。着用しているだけで、圧迫させることが出来るので、手術前に用意しておくようにしましょう。
1~3週間程度圧迫しておくので、圧迫を取ると違和感がある場合もあります。

また、手術後1~3週間は組織が安定していないので激しい運動は避けましょう。できるだけ安静を保つことで、術後の跡は残りません。

ベイザーの手術が終わり、1週間程度経過すると、皮下が硬くなってしまいます。この現象は「拘縮」といいます。
拘縮している状態をそのままにしていると、ベイザーで脂肪を吸引した部分が凸凹になってしまいます。そうならないためには、術後は定期的に脂肪をほぐすマッサージを行なうようにしましょう。
マッサージは、術後の腫れが引いても1ヶ月程度続けるようにしましょう。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 新しい脂肪吸引で、理想のボディを即ゲット reserved